海外ウェディングのいろいろな魅力

海外でのウェディングにはいろいろな魅力があります。そのうちの一つは、まず何といってもロケーションの良さでしょう。日本の風景も美しいですが、日本とはまた違う雄大さや海の美しさに囲まれながら行うウェディングも格別なものです。また、海外をともに楽しみながら、両家の家族がたくさんの時間を過ごすことができますので、絆を深める良い機会ともなります。両親にとっても、そうした機会でないとなかなか2人で海を見ながら語り合うということはないために、最初は海外の挙式を渋っていた両親が大満足で帰国するというケースも少なくありません。

また、海外ウェディングを兼ねて、家族や親族に海外旅行をプレゼントするという方もいます。結婚式を2人だけではなく両家の家族にとってもかけがえのない時間にしたいという思いをかなえるために注目されているのです。また、そのままハネムーンも兼ねてしまうことによって、パック料金で利用することができ、国内で挙式をしてから海外旅行にハネムーンに出かけるよりも結果的に費用を安く抑えることも可能なケースもあります。一生の思い出を、世界で一番すてきだと思える場所で、最高のパートナーと家族と過ごすひと時はきっとお金では買えない価値があるでしょう。


海外ウェディングの費用の相場は?

海外ウェディングにはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。もちろん、どのような規模の挙式にするのか、どこで行うかによって費用は変わります。かかる費用の内訳としては、基本的に必ずかかる費用として会場使用料金があります。教会や聖堂で挙式となることがほとんどですので、事前に使用料金がいくらかかるのかを把握しておきましょう。また、教会では牧師への謝礼やチャペルを飾り付けるための花代などもかかります。

その他、結婚証明書の発行手数料、介添料、音楽などの基本的な準備を進めることが必要になります。その他、衣装やブーケ、写真撮影などさまざまな費用を合計すると100万円は挙式の費用だけでかかるでしょう。その他新郎新婦の旅費、列席者の旅費の一部負担なども考えると数百万円は予算として見ておいた方がいいかも知れません。

節約したい場合には、カメラマンをプロにしないことや、披露パーティーのランクを下げること、現地でのショッピングなどを控えることもできますが、せっかくの海外でのウェディングなので費用面ではあまり気にせずにプランを設定する方も少なくありません。列席者にとっても費用が掛かることなので、必要以上に負担とならないような気配りも大切でしょう。


海外ウェディングを成功させよう

一生の中で一番のイベントといってもいいウェディング。国内での挙式も良いですが、海外でのウェディングも大変人気があります。海外でのウェディングの定番としては、ハワイ、グアム、バリ、オーストラリア、タヒチなど、海に囲まれた南の島が人気を集めています。ウェディングの後はそのままハネムーンを楽しむこともできますし、海外ならではの開放感に満ちたウェディングもとても魅力的です。海外でのウェディングで目を引くのがブライズメイドの存在です。簡単に言うと花嫁の付添人や、立会人の事ですが、花嫁と似たようなきれいな衣装を着て花嫁の美しさを、さらに際立ててくれます。

ブライズメイドのルーツは、花嫁を悪霊が不幸にできないように、周りの何人かの付添人たちも同じようなドレスをまとい悪霊の目をくらませるという魔よけの意味があるそうです。日本にはないこうした文化の中で、統一感のあるドレスを身に着けたブライズメイドが側にいると一層ウェディングは華やかに、招かれたお客さんたちも大いに楽しめるものとなるでしょう。

また、ファーストダンスという、披露宴の際に行われる新郎新婦が一緒に踊るダンスも海外ウェディングならではの催しといえるでしょう。新郎新婦から、出席者までに徐々に輪を広げて行われるダンスタイムはその後もずっと思い出に残ることでしょう。このように海外ならではの挙式のスタイル、文化を楽しみながら日本にはない美しい景色の中でのウェディングはいかがでしょうか。